「PRIMO」プリモは、人気の国産ドッグフードだ。
国産のドッグフードには物珍しい、第一主原料が動物性素材の肉を中心に作られています。
動物性素材には、犬が必要とする必須アミノ酸が豊富に入っています。
様々な肉を通じていて、特におすすめは生肉を半数以上も配合やる点にあります。
食品レベルで使用可能な新鮮な肉を通じてある。
使用している肉の種類は、牛肉、豚肉、鶏肉、馬肉、レバー肉、魚肉で、これらをミンチとして原材料の半分以上を占めてある。
本来肉食です犬のための、肉が多めのドッグフードとして人気があります。
動物性素材がたくさんあるため、良質なたんぱく質を豊富に含めることができます。
またビール酵母や乳酸菌、オリゴといったお腹に良い成分も入っています。
これらの際立つ栄養素を加工段階の熱処理によって破壊してしまわないように、低温低圧処理で時間をかけてじっくりと製造してある。

炭水化物原料としては、玄米、大麦、さつまいも、じゃがいもなどが入っています。
玄米や大麦は全粒穀類よりも栄養価が激しく、消化も良いです。
しかし炭水化物が多いのは、プリモの無念点だ。
犬の理想の食事の条件の1つは低炭水化物ですこと。
プリモは玄米を通じていますが、炭水化物の量としては多めなのが残念です。

プリモの魅力は今や1つ、「無添加」のドッグフードであるということだ。
国産のドッグフードでは添加物を使わないは物珍しい方なので貴重だ。
添加物による愛犬への何らかの影響を考えると、安心して受け取れる無添加のドッグフードはとても魅力的です。
プリモは、製造されておらず、必要に応じて製造、顧客へと届けられるので、他のドッグフードよりも鮮度が高めなのも魅力です。

良質な鹿の肉を60%使用して作られている物珍しい国産のドッグフードが「TASHIKA」タシカだ。
いつ死んだのか不明といった低品質の肉ではなく、鳥獣駆除された新鮮な肉を通じているため安心して受け取れるドッグフードだ。
「TASHIKA」は「確かな品質」そして「確かな栄養」、「確かな満足」を提供したいと思いと、「多可町」と「鹿」の組み合わせから名付けられた品名だ。

鹿の肉60%も並べるため、甚だ高たんぱくなドッグフードで、一際中型犬〜大型犬におすすめしたい商品だ。
たんぱく質は全体の38%以上を占めます。
鹿の肉は、牛肉、豚肉よりもカロリーが3分の1しかないため全然低カロリーだ。
100gあたりのカロリーは約397kcalだ。
高たんぱく、鉄分が多く、ミネラルのバランスも良いです。
肉好きの犬に健康的に受け取れるドッグフードだ。
栄養素が豊富にある肝臓、あんな鹿のレバー(肝臓)が入っているため、ビタミンや鉄分も多く、シニア犬、妊娠中の犬、産後の犬にもおすすめです。

日本育ちの犬のためにカルシウムも多めに入っています。
快便効果によって肛門腺の臭いや便の臭いを改善したり予防したりする効果もあります。

新鮮な肉の栄養を損なってしまわないように、低温で独自圧縮レシピによって加工してある。
「TASHIKA」は1kg入っていて、価格は2,500円(税抜)だ。

兵庫県多可町で作られている国産のドッグフードで、ふるさと納税で多可町に納税すると「タシカ」を2袋もらえるため、興味のある人は心がけるといいと思います。詳細はこちら