”フィット”やる感覚が今一つ思い付かという方は、着用したまま、手のひらを入れてみましょう。

この時に手のひらが混ざるような隙間があれば、それが望ましい圧力の目安であると言われています。

ですので、逆に手のひらが入らないような製品の場合には、自分に合っていない製品、圧の力が加わり過ぎている状態であると判断する事ができますので、是非目安にしてください。

●幾つか製品を試してみる●
このように目安をご紹介しましたが、加圧のある製品というのは、おんなじ圧力をかけてある製品であっても、製品自体の品質や裁縫の具合によって、受ける感覚というのは、実は違ってきます。

ですので、自分に合うスパッツを生み出す場合、おすすめなのが幾つか試して履いて見る事です。
違うメーカーの物や圧の違う物を幾つか履いてみると、まさに”フィット”する感覚というのが解ってきますので、「あ、これ良い感じ!」という製品に会うことが出来ます。

スゴイ今履いている加圧スパッツがしっくりこない方は、是非一度試してみて下さい。

●まとめ●
ついついこんな圧を掛けて受け取る製品というのは、グングン効き目を期待して、圧力のおっきい物、悪いサイズの物を選びがちだ。

ですが、無理をして身体に負担をかけてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまい、最悪あるく事が困難になって仕舞う状況を作って仕舞う事にもなりかねません。

凄い締めつけ感=負担、だ。
自分に最適なサイズ選び、アナタは出来ていますか?

足をひきしめて、ダイエット効果やむくみを軽減するのにも活躍して得る加圧スパッツ。普段の生活の中でもスパッツというわかりやすさから、履いて掛かる方も多くいらっしゃいます。

ですが、こういう加圧スパッツに対して、国民生活センターから警鐘がされています。実は履き方等によっては、効果を得るどころか、逆に事故が起こってしまうという気配をはらんでいるのをご存知ですか?

ここでは加圧スパッツを履いて発生した問題について解説決める。加圧レギンスでの事故については、『加圧レギンスの気配』にて解説していますので、併せてご覧いただけると、こういう足に圧をかける事に対して、認識が改められるかと思います。

自分は大丈夫…と思わずに、履く際には十分に注意して、効果的に活用できるよう、参考になればと思います。

●国民生活センターからの注意事項●
これは、加圧レギンスの気配もご紹介していますが、2005年から2011年の6年間で、加圧をするレギンスやスパッツを履いて起こった話が、約50件寄せられました。

その内容は深刻な事態の物もあり、2011年の4月に、加圧を施したスパッツの使い方には注意をするようにとの勧告を、国民生活センターは発表したのです。

では、いかなる相談が寄せられたのか。それが以下になります。

【履き続けていたら湿疹が】
・2009年12月 40歳代女性・
『30日でシェイプアップの効果が表れる』という広告に惹かれて、加圧スパッツを購入しました。xn--hmb-6b4b4f7klc3b7e5e5fe.xyz